脱毛サロンに行く前に!脱毛器とサロンどっちがいいか検証してみた

脱毛を検討するならその前にいろいろ考えてみよう

脱毛を検討する場合にいろいろ考えなくてはいけないことがあるのですがまずは予算。
脱毛をする場合は全身脱毛であれば100万円近い金額が発生することを覚悟しなければいけません。

 

最近は安い脱毛サロンも出てきたのでこの辺の価格も以前と比べてかなり安くはなりましたが、それでも高額と言えます。
脱毛を検討する場合はこれらの予算をしっかり検討しましょう。

 

しかもこの脱毛安ければいいとかでもないのです、一般的に安いとされる脱毛サロンによる脱毛はいわゆるフラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛方式です。
ミュゼなどの脱毛方法はこのフラッシュ脱毛ですね。
フラッシュ脱毛とはその名の通りフラッシュ、つまり光による脱毛です。
一般的に知られるレーザー脱毛よりも脱毛効果が低いので永久脱毛とは呼べないとも言われています。
これはその脱毛した人の体質にもよるのだと思いますが、ほとんどの場合はフラッシュ脱毛してもまた生えてきてしまう場合もあるそうです。

 

しかしこれも部位や体質によるようです。
私の知り合いの女性などはフラッシュ脱毛をしてから毛がほとんど生えてこなくなりました。
毛が抜けやすい人、抜けにくい人、再生しやすい人、そうでない人があるようにムダ毛も脱毛効果が人それぞれのようです。

 

一般的には脱毛すると生えてこないイメージがあるのですが、これらは脱毛の種類によるというわけですね。
またレーザー脱毛などの場合はなかなか毛が再生しにくいとされています。
ひげ永久脱毛なんかはレーザーが主流となっていますが、これはひげってすぐに生えてきやすいからですね。
部位ごとにいろいろ永久脱毛効果とか違うみたいです。

 

これは最終的にムダ毛をどうしたいかによるのだと思います。
例えば男性のヒゲ脱毛や女性のアンダーヘアなどの脱毛の場合はあまり永久的に脱毛してしまうと心配という人も多いからです。
一方ワキ毛などは二度と生えてきてほしくないという人も多いわけです。

 

これらの理由により目的によって使い分けるのも良い選択方法だと思います。
しかし前述のミュゼ、実際には永久脱毛とは呼べないまでもそこそこの脱毛効果はあるようです、
ではそこそことはなんなのかちょっとミュゼの脱毛について面白い記事がありました。

 

 

 

 

フラッシュ脱毛の欠点とその脱毛原理とは?

 

前回紹介した
フラッシュ脱毛についてですがこれちょっと欠点があるわけです。
一つはまた生えてきてしまうという、毛の再生の問題。
そしてもうひとつは「硬毛化」と呼ばれる毛が固く太くなってしまう問題です。
この硬毛化というのは実はメカニズムがよくわかってないのですが、ネットでは脱毛の際の心配ごととしてよく言われています。
これは脱毛して抜け落ちたあと、そのあとに以前生えてたムダ毛よりも太くて硬い毛が生えてきてしまうことです。

 

一本だけならまだしもこれが数百本ともなると確実に以前の脱毛前よりも毛が濃く太く見えるわけです。

 

どうしてこんなことが起きるかわからないのですが、一説には中途半端に脱毛することで毛根が刺激され、依然より太くて硬い毛を再生しようとするのでは?というのが一般的な
意見のようです、
つまりフラッシュ脱毛のような中途半端な脱毛をすることでこの硬毛化のリスクがでてくるということですね。

 

とはいえ、この硬毛化という現象、ほとんどの人はあまり発生しないようです。
私もいろいろな脱毛サロンに行きましたが以前より毛が太くなったり、たくさん生えてきたということはありません。
だから安心というわけではないのですが、どうしてもこの硬毛化が心配という方は一度脱毛サロンではなく、クリニックに行くといいでしょう。
クリニックで行ってる脱毛というのは実はレーザー脱毛や針脱毛というフラッシュ脱毛よりも脱毛効果の高いものが一般的です。

 

ですのでクリニックなどで脱毛すればこれらの硬毛化という現象はほとんど見られないとされています。
確かにせっかくお金をかけて脱毛して以前よりもムダ毛が増えたり、毛が濃くなってしまっては意味がないので心配される方も多いのですが、
どうしても心配な場合は家庭用脱毛器かクリニックなどで針脱毛などを受けてはいかがでしょうか?

 

 

 

フラッシュ脱毛と針脱毛(ニードル脱毛)

フラッシュ脱毛と対比されるのがニードル脱毛、つまり針脱毛です。
針脱毛とフラッシュ脱毛は毛根を破壊して毛の再生を防ぐというコンセプトそのものは同じなのですが、実際にはかなり大きな違いがあります。
例えばフラッシュ脱毛は光で面そのものを脱毛します。
つまり脱毛する範囲が広く短時間で脱毛できるわけです。

 

一方針脱毛は一本ずつ脱毛していきます、
これは針を毛穴に指しこみ毛根を完全に破壊してしまうわけです。
毛根を破壊するので毛の再生はほとんどないのですが、一本ずつ脱毛していくためにかなり脱毛に時間がかかるとされています。

 

また痛みも針脱毛の場合はフラッシュ脱毛と比べて痛みが強いようです。
というのも一部の針脱毛のクリニックなどでは麻酔や笑気ガスなども用意してるほどだからです。
これは部位にもよります、ワキなどは皮膚が敏感なのでそのような痛みはあるかもしれませんね。

 

しかも一本ずつなので時間がかかり、その間バチバチと
痛みに耐えなければいけないわけです。

 

 

とはいえ、針脱毛の脱毛効果はフラッシュ脱毛よりも強烈なレーザー医療脱毛よりも強力だとされています。
やはり一本ずつなのでワキ毛処理するよりは脱毛器の方が肌への負担のなさや美しさという効果も高いようですね。

 

だだ針脱毛の一番の問題は価格ではないでしょうか?
実際針脱毛は一本あたり100円程度の費用が必要とされています。
フラッシュ脱毛が一部位数千円程度で脱毛できることを考えるとどうしても割高と感じてしまうのは仕方ないかもしれませんね。
この辺がフラッシュ脱毛と針脱毛の違いというところでしょうか?

 

要するに永久脱毛したいと思うのであれば針脱毛がいいが予算と時間はそれなりに覚悟する必要があるということですね。

 

 

 

脱毛器で脱毛すれば低予算で脱毛できるか?

脱毛器で脱毛すれば低予算で脱毛できるか?
脱毛器で脱毛すれば脱毛サロンよりもはるかに安くで全身脱毛できるんじゃないか・・・
そう考えた時期が私もありました。
しかし、家庭用脱毛器はあまりおすすめできません。

 

理由の一つとしては非常に時間がかかるということです。
業務用の脱毛器と違い安全面に徹底配慮した家庭用脱毛器はかなり脱毛器としては脱毛力は貧弱です。
人によっては全く効果がないという意見も聞きます。
つまりせっかく高価な値段で脱毛器を買っても何度も脱毛しなければいけなかったり、なかなか毛が抜け落ちず、その処理にとてつもない時間がかかってしまう場合があるからです。

 

ネットなどでも脱毛サロンと脱毛器では圧倒的にサロンに軍配があがります。
家庭用脱毛器は買うだけお金のムダだという人もいるくらいです。
さすがにそこまで悪いものではないかと思いますがやはり脱毛サロンに一度行ったことがある人が脱毛器を使うと使えないという印象が強くなるのかもしれませんね。
私もいろいろ試してみたことがありますがやはり業務用の脱毛器と比べるとおもちゃのようで貧弱です。
壊れやすいということはないのですがカートリッジの交換もお金がかかるので結局脱毛サロンよりもお金がかかるんじゃないかということです。
また最大の欠点は一人でやりにくいということですね。
例えば背中の毛の脱毛なんて自分でできません、誰かに手伝ってもらうのも難しいですよね。

 

特に家族でも自身が女性の場合は背中の脱毛なんてなかなかやってくれにくいわけでそういう意味ではやはり私も脱毛サロンがいいなと思います。

 

 

脱毛サロンはどこが安くていいのか?

最近脱毛サロンもいろんなサロンが増えました、TBC,ミュゼ、銀座カラー、脱毛ラボと安さと通いやすさではこの辺が人気ですね。
私の場合はミュゼからはじまり、TBCに行ったのですが、その理由としてはミュゼは永久脱毛じゃなかったことです。
TBCは針脱毛に似たスーパー脱毛と呼ばれる脱毛方式で脱毛してくれるのですがミュゼは通常のフラッシュ脱毛だったんですね。
とはいえミュゼの場合は勧誘らしい勧誘がほとんどなく気軽に行ける脱毛サロンとしては最高でした。
ただしミュゼの場合は永久脱毛なんですが、それだけに人気すぎて予約が取りずらいことが欠点ですね。
ミュゼの場合は小学生からでも通えるそうで、結構いろんな年齢層の人が多かった記憶があります。

 

なかなか通うのが難しく結局同じ料金の銀座カラーに行ったんですが銀座カラーは意外と予約さえすればすぐに入れて混雑なども感じませんでした。
ちょっと高級感などもあり、雰囲気も良かったですね。
これはTBCも同じでした。
今後もいろんな脱毛サロンがでてくれればいいいなと思います。
ここみてるといろいろな脱毛サロンの比較やミュゼについて参考になると思います。
ミュゼは永久脱毛?気になるその効果と脱毛後について