脱毛する場合のメリットデメリットをいろいろ考えてみる

フラッシュ脱毛の欠点とその脱毛原理とは?

 

前回紹介した
フラッシュ脱毛についてですがこれちょっと欠点があるわけです。
一つはまた生えてきてしまうという、毛の再生の問題。
そしてもうひとつは「硬毛化」と呼ばれる毛が固く太くなってしまう問題です。
この硬毛化というのは実はメカニズムがよくわかってないのですが、ネットでは脱毛の際の心配ごととしてよく言われています。
これは脱毛して抜け落ちたあと、そのあとに以前生えてたムダ毛よりも太くて硬い毛が生えてきてしまうことです。

 

一本だけならまだしもこれが数百本ともなると確実に以前の脱毛前よりも毛が濃く太く見えるわけです。

 

どうしてこんなことが起きるかわからないのですが、一説には中途半端に脱毛することで毛根が刺激され、依然より太くて硬い毛を再生しようとするのでは?というのが一般的な
意見のようです、
つまりフラッシュ脱毛のような中途半端な脱毛をすることでこの硬毛化のリスクがでてくるということですね。

 

とはいえ、この硬毛化という現象、ほとんどの人はあまり発生しないようです。
私もいろいろな脱毛サロンに行きましたが以前より毛が太くなったり、たくさん生えてきたということはありません。
だから安心というわけではないのですが、どうしてもこの硬毛化が心配という方は一度脱毛サロンではなく、クリニックに行くといいでしょう。
クリニックで行ってる脱毛というのは実はレーザー脱毛や針脱毛というフラッシュ脱毛よりも脱毛効果の高いものが一般的です。

 

ですのでクリニックなどで脱毛すればこれらの硬毛化という現象はほとんど見られないとされています。
確かにせっかくお金をかけて脱毛して以前よりもムダ毛が増えたり、毛が濃くなってしまっては意味がないので心配される方も多いのですが、
どうしても心配な場合は家庭用脱毛器かクリニックなどで針脱毛などを受けてはいかがでしょうか?